Home 会社情報 製品情報 ブランド価値 サービス拠点 採用情報 連絡方法
世界拠点     子会社    
採用情報     適用     人材プール    
連絡先     アクセス     使用案内    
現在の位置:会社 > グループ情報 > Press Room
クループ紹介
沿革
社長スピーチ
企業文化
企業栄誉
グループ情報
 
グループ情報
泓淋の力を凝集し、社会からの愛心を伝わる
  2010-09-28 11:37:56

常熟区泓淋连接,电子,电线三社の七夕献血現場の記事である


  前書き
  会社組織の画策が良い
  社員方々の支持が重要
  献血が人々の愛を表す
  泓淋の精神が来気高い

  8月16日は中国の伝統祝日――七夕である。この特別の日で、常熟泓淋连接、常熟泓淋电子、常熟泓淋电线三社は常熟市献血センターと流水琴川ボランティア団体の協力を得て、午後1時から献血協力を求める活動を始めた。
  夏休みに入ってから、市病院には頻繁に血液不足があって、常熟市献血センター和流水琴川ボランティア団体は常に皆さんを献血の呼びかけをしている。常熟区三社の管理層は誠実、団結、新機軸を打ち出す、感謝という企業理念を元に、今回の活動に力を入れて、社員方も続々応ずる。


  活動前の準備が周到で、突発事件を防止する

  献血を始める前にの宣伝活動で、常熟人事の方々は安全と社員の健康問題を強調している。そして、活動宣伝の方々も献血に関する知識(献血の条件、注意事項、献血の奨励など)を指導し、社員たちが献血の知識を知った上で、勇気を出して、第一歩を踏み出せると望んでいると同時に、沢山の社員が献血の列に来るように努力している。
  一連の宣伝を終えて、我々は参加者の状況に少しずつ把握できた。何人かの経験者を除き、参加者の殆どは初めてなので、彼らの献血に対する知識不足と心配を考慮し、改めて宣伝を行うと決めた。今回の宣伝は主に三つの注意点(1)献血前日から飲酒と徹夜を禁止する(2)献血前に必ずあっさり系のご飯を食べる(3)献血時本人の身分証明書を必ず持つ
  献血現場は緊張だけど、秩序がある。社員たちは情熱である
  8月16日午後1時、常熟市献血センターの医療関係者は早めに現場に来て、準備を行う。しかし、突然の大雨で、皆は献血者が来ないかと心配している。
  大雨の後、臨時の献血室は光を被られるように、柔らかく感じる。献血者は雨を止んで後、続々来る。係りは医療関係者のお手伝いして、受付、体の検査、採血、献血書を配る。それに、まだ献血していない社員にプレゼント(歯ブラシ、練り歯磨き、保温カップ、傘)を用意している。会場全体は緊張だけれども、秩序がある。
  社員方々の仕事と休憩時間に影響を与えないように、献血活動が二つの時間帯に分ける。午後1時と夕方5時半である。献血者は全部で101人で、献血量は24250ミリリットルである。皆は献血活動に自分の力を出している。そして。献血センターと流水琴ボランティアの方々はこの感動の場面をカメラで撮っている。
  メディアは応援に来て、会社のイメージアップに繋がる
  今回の活動は常熟市献血センターと常熟市流水琴川ボランティア団体の支持を得たのは勿論であり、更に常熟市テレビ局」、常熟交通音楽放送チャンネル、常熟市新聞社のジャーナリストも今回の活動を報道し、常熟三社の社員の企業文化教育を強めると同時に、常熟区泓淋のイメージをアップさせる。
  献血の意義は人を助ける、自分を神聖かつ純潔させる。
  ある時、ちょっとだけのことで、人を助ける。今回の献血者101人、そして、すべての献血者に最高の敬意を表せろう。


献血の社員は血液の検査を受けている

献血現場

常熟市テレビ局は献血者にインタビューする。

ページの先頭へ 印刷 前トップへ

使用案内  |   免責説明    Copyright © 2010ホンリンテクノロジ-グループホームページを御覧になる時、解像度1024*768ご利用をお薦めます. 
技術サポート:力豊ネット 鲁公网安备 37100402000206号 *識別目的のためにのみ