Home 会社情報 製品情報 ブランド価値 サービス拠点 採用情報 連絡方法
世界拠点     子会社    
採用情報     適用     人材プール    
連絡先     アクセス     使用案内    
現在の位置:会社 > 沿革
クループ紹介
沿革
社長スピーチ
企業文化
企業栄誉
グループ情報
 
沿革
 

会社の沿革


1997年~   
威海市H L電子有限公司を設立した。主要業務内容はRGBケーブルの部品加工であった。

2000年~   
威海市H L電子有限公司は「HL(ホンリン)」という自主ブランドを掲げ、LG同創モニタ有限公司に外付け信号線の部品を提供し始めた。これをきっかけに、HLグループは単なる加工型企業から自主型産業会社へのモデルチェンジがうまく成功したことになった(当社は自分のブランドを持つほかに、優れた設計能力だけでなく、電線ケーブル部品及びコネクタ関連製品の開発・製造から販売までも出来るようになった)。

2003年~   
威海市H L電子電纜有限公司を設立し、当社独自のケーブル製品の製造を始めた。出来上がった製品はコネクタと組み合わせると、電線ケーブルの部品となる。当社は初めてプラスチック・銅線伸線・ケーブル加工から部品の組み立てまでの垂直式総合営業モードに入ることができた。

2006年~   
常熟H L連接技術有限公司は同年からコネクタ分野の自主開発及び製造を進めたkとが、当社における連結器業務を全面的に始動した象徴となった。

グループの子会社はQC080000認証を取得し、RoHS 、WEEE及びREACHなどのヨーロッパ環境保護の規制を遵守し、製品が環境保護の要求に達するのを確実に保証する。

2007年~ 
常熟H L連接技術有限公司は新技術を突破し、製造基板側コネクタの関連製品開発を始めたことにより、いっそう電子業界にケーブル部品及びコネクタ製品の供給力を高めてきた。
常熟H L電線電纜有限公司はR F通信用ケーブルの製造を開始し、世界でも有名なノートパソコン会社のサプライヤーになった。
威海市H L電子有限公司は山東省人民政府から“山東省ハイテク技術企業”という栄誉賞を受賞した。

2008年~ 
威海市H L電線電纜有限公司はTS16949認証を取得したことにより、当社の自動車ケーブル製品の製造レベルが国際レベルに達した。
常熟市泓博通信技術株式会社はノートパソコン用LVDS信号線部品の開発に成功したことにより、中国電子産業界内において、数少ないノートパソコン内部信号線のメーカーの仲間入りを果たした。
威海市H L電子有限公司は山東省人民政府科技庁から“山東省高周波信号伝送工程技術研究センター”と認定された。
当社はケーブル外殻のエコ型絶縁ハロゲンフリー材料の開発に成功し、国際環境保護標準であるアメリカUL規格の認定を取得した。

2009年~ 
常熟H L連接技術有限公司はLCDテレビ及びLEDテレビのFFC部品の開発・製造・販売のために、FFC事業部を設立した。
深セン市HL通信科技有限公司を設立し、主にノートパソコン及び携帯電話のデータ転送用の無線アンテナの設計・開発・製造かつ販売する。これにより、当社は正式に無線通信業界に入ることとなった。

2010年~
海外顧客の需要をより良く満足させるため、さらに携帯電話・ノートパソコン・GPRSシステム及びネットワークコミュニケーションズ(ルーター及びLANカードを含む)用のアンテナとコネクタの研究開発を向上させるため、当社の国際マーケティングセンター兼アンテナ研究開発センターであるHL科技有限公司が中国台湾で成立した。
当社は香港の聯合証券取引所に上場し、快速的な発展段階に入ったのを表している。

ページの先頭へ 印刷 前トップへ

使用案内  |   免責説明    Copyright © 2010ホンリンテクノロジ-グループホームページを御覧になる時、解像度1024*768ご利用をお薦めます. 
技術サポート:力豊ネット 鲁公网安备 37100402000206号 *識別目的のためにのみ